昨今、「山ガール」、「森ガール」などと、登山人気が若者にも浸透しつつあるが、ニュースで、山の遭難事件を聞くことがしょっちゅうである。その中でも、登山に関してはベテランの域におられる方が遭難している場合も多いようだ。あなたがもし、山中で遭難してしまったら、どのような行動をとるだろうか?ほとんどの方は、無駄に体力を消耗させたくないので、その場に留まり、救助がやって来るのを待つーー、というところだろうか。


今から紹介させて頂く事件は、とにかく謎だらけの遭難事件である。



SOS遭難事件


事件は1989年7月24日、北海道は登山者に人気のある大雪山にて起こる。ここは、毎年、遭難者が出る難所の山で有名だが、北海道警察が行方不明者を捜索していたところ、旭岳南方の忠別川源流部で、倒木を組み合わせた、一辺が5メートルほどもあるSOSの文字を発見した。行方不明者は、そこから数キロのところで発見されたが、SOSの文字は知らないと話していた。


警察は、まだ他にも遭難者がいると考え、翌日、ヘリコプターで捜索したところ、SOSの文字数10メートル以内に、動物に噛まれた痕のある人骨が散乱しており、SOSと叫ぶ男性の声が入ったカセットテープレコーダーが発見された。


後の捜査で、カセットテープの声の主は、1984年に行方不明になっていた25歳の男性であることが分かった。


ここで謎なのが、


①どうして5年間もSOSの文字が発見されなかったのか?


②なぜ、一辺が5メートルもある大きな白樺の木をわざわざ運び、文字を作り上げる体力がありながら、下山しようとしなかったのか?


③なぜ、「SOS」とカセットテープに録音したのか?


まず、①の謎であるが、事件の起こった大雪山は、毎年、遭難者が出ている。ということは、行方不明者の捜索でヘリコプターは頻繁に飛んでいただだろうし、このSOSの倒木に気づけないものだろうか?実際、この発見の数年前の空中写真に、SOSの文字が写っていたことが判明。その位、大きな文字だったにもかかわらずだ。


次に②の謎であるが、山で遭難したのが夕方だとして、下手に動かない方が良いとの判断で、夜が明ける迄、この場に留まることにした?とも考えられる気もするが。


③の謎について、誰に聞かせるわけでもないのに、なぜ録音する必要があったのか?例えば、地声で「SOS」と叫ぶより、カセットテープに録音し、ボリュームを最大にして流せば、誰かに聞いてもらえるかもしれない、と思ったのか、偶然、リュックの中にあったカセットテープレコーダーが、何かのはずみで録音のスイッチが入ってしまったのか?



そして、このカセットテープのケースにアニメのキャラクターの切り抜きが使われていたり、アニメソングが入っていたので、この遭難者の男性はアニメファンであったと思われ、また、手塚治虫作品に、倒木をSOSと並べるものがあったことから、注目され報道された。

さらに、一時、遺体は女性のものと報じられ、捜査を混乱させた。


また、旭岳の稜線部の道標に、金庫岩という大岩があり、付近には金庫岩と錯覚しやすい「ニセ金庫岩」も存在するという。この「ニセ金庫岩」を目標に下山すると、彼が遭難した地点に到達することが分かった。事実、遭難が発覚した後に、某報道機関の取材班が遭難(全員無事)したことから、この事が裏づけられた。


それにしても、倒木でSOSの文字を作るという重労働をし、カセットテープに「SOS」を吹き込む、、なぜ、このような事をしたのか、今となっては、遭難した彼しか知らない。

大雪山



未解決事件ファイル【目次】




-----------------------------
大阪ミステリー倶楽部
トップページへ戻る